不動産物件の定義と取引について

不動産物件にはいろんなものがありますが、民法第86条には「土地及びその定着物は、不動産とする。」「不動産以外の物は、すべて動産とする。」と定義されています。動産と不動産の違いは分かりにくいですが、大まかには動産は「もの」不動産は「ところ」として認識されています。不動産は移動が難しく財産としての価値が高いものともいわれています。その定着物とは建物や立木や石垣のような、その土地に継続的にそのままの状態で使用されるものとありますが、物件としては、住宅、アパート、マンション、店舗、オフィス、施設などと数々のものがあります。民法では、土地とその上に建てられているものとは別の不動産とされていて、土地を購入しても建物の所有権は取得できませんので、建物も別途購入することになります。また同じように、土地に抵当権を設定しても建物の抵当権は取得できません。このため、土地の所有者と建物の所有者の間で、立ち退きの場合などに問題が発生することもあります。不動産物件の売買や交換、賃貸などのと取引に、マンションやビルの管理については、通常不動産会社を通して手続きをします。なお、そういった行為については「宅地建物取引業法」があって、免許制度などを実施して規制をすることで、公正で円滑な業務ができるように図られています。

羽村 不動産 浜松市 不動産 3070 6/4

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の定義と取引について.